恩の遡源



親に対する恩の自覚、すなわち孝行が足りなかったことを 知る。


恩とは、自己存在の原因に遡る意識が、自覚に達したとき と 先人はいうが そのとおりだ


d0103920_17283977.jpg


鴨川にある大山千枚田に両親をドライブに誘う。

近隣の田んぼでは 早くも 田植えを 終えたところもある。


d0103920_17302335.jpg


 天気もよかったので 少し歩いてもらった。

足腰の衰えは隠せず よたよたしていたので  車にあった 登山用のストックを 1本づつ 与えた。


ふたりとも 農家の出なので 田植えの講釈は イッパシ だ。


d0103920_17332155.jpg


養老渓谷にある ナイショ の 日帰り温泉にも連れていった。

馴染の女将に 「今日は両親を連れてきた」 と言うと サービスが良かった。

両親も 満足してくれた。 ・・ようだ。


帰りの 「道の駅」では 3人で ソフトクリームを食べた。


家に着いたら 今日の手間賃だと 母が5000円札を父に内緒で くれた。

「イラナイヨ」 と 言ったけど・・  もらって おいた。


深く親に対する暗黙の生活を反省する。。




by unmei-jisyo | 2010-04-27 17:57 | ひとりごと
<< 鉄骨検査 お引渡し@幕張本郷 >>