車の点検は大丈夫ですか?



昨日のこと。 【地域型住宅ブランド化事業】参加のために千葉市まで勉強会へ行った帰りのことです。


4車線道路の先頭で信号待ちをしていて、青に変わって発進しようとしたら、

エンジンが「プスッ」といって車が止まってしまいました。


(あらら・・ マジかよ ?!  汗・・)


バッテリーがあがってしまったようです。


後続の車からは、クラクション攻めにあいながらも、何とか手押しして交差点の端に車を停めました。


途方にくれて キャブタイヤーを持ってきてもらおうと知人に電話をしていたところ、


明らかに「その筋」とおぼしきコワオモテの二人組みの御兄さんから罵声


 「オラオラッ・・何やってんだ。。」



『ひとが困っている時に、怒ることも ね~べ・・』 と 逆切れかましたくなったけど、、、



電話をしながら、ジェスチャー交えて車が動かなくなったことを告げると、車からすぐに降りてきて

車を押して近くのお店の駐車場に入れてくれました。


その間、車は渋滞したけど、 なぜか静かなもんだった。



御礼をいうと 「困った時はお互い様だ、気をつけなよ」 と 言って立ち去りました。


上下紺色の服の胸には、見たことある組の代紋が刺繍してありましたが

まさに 泥中にあった蓮 で あります。


この場を借りて改めて御礼。



実は この車、車検中の代車で、「何でこんなおんぼろ車を寄こすんだ」と恨めしく思っておりました。



☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆



充電を終えて、もう大丈夫と高速道路に入ってしばらくすると、今度は激しくノッキング、


慌てて車を路肩に停めてましたが、またもやエンジンストップ。


高速道路の路肩に停めた車に追突する事故が多いことも頭をよぎり、ひやひやものでした。



d0103920_11475696.jpg



あちらこちらに連絡して結局のところ、車検を頼んだ修理工場は平謝り。

迅速にキャリーカーが回送されて、代車の代車で帰ることになりましたが、2時間半に及ぶ時間をつぶすはめになりました。


ひじょうに疲れた1日でありました・・







by unmei-jisyo | 2012-09-13 08:48 | ひとりごと
<< 明日は、基礎のコンクリートを打ちます 熱橋防止キャップ >>