本年もよろしくお願いいたします。


あけまして おめでとうございます。   


静かな 正月を過ごすことができました。


昨年は、ブログの更新がままならず皆様にはご心配をおかけしました。


私事でありますが、一昨年より隣家に独りで住む父の認知症が進み 仕事と介護の両立でてんてこ舞いでありました。


日中、ひとりでいる父は、身の回りのことはそれなりにできますが、火や水の後始末に不安があるところです。


昨年の暮れに、転んで顔面を強打して救急車で病院に搬送されました。

幸い大事には至りませんでしたが、 正直なところ これから介護を続けていくことに限界を感じました。


そんな気持ちをおてんとうさまがくんでくれたのでしょうか、 翌日 予想もしないことがおこりました。


市内の特別養護老人ホームより入居のオファーの連絡がありました。



d0103920_16363442.jpg



ご承知のように特別養護老人ホームの待機はどこも200~300人いるということですが、実にラッキーなことだと喜びました。


施設と相談の上、とりあえず2週間のショートステイで馴らしてみようと、渋る父を文字通り言いくるめて入所させました。



職員の方々の献身的な働きや他の入居者とのコミュニケーションもうまくいっていると思っていましたが、

趣味も無く、仕事一途で生きてきた父には帰宅願望が強く、けっきょく10日間で自宅に戻りました。


d0103920_1945793.jpg




短い期間でしたが、わたしにとってはひさびさに精神的なストレスから開放された時とともに

自分にとっても近い将来起こりえることだと思えました。




「君子は独りを慎む」という言葉があります。


6年に及ぶ島流しにあった西郷隆盛のはなしはご存知のかたも多いと思います。


閑に耐えることができるかどうか、独りを慎むことができるかどうか。


「じたばたしない生き方を 今年は探ってみよう」 なんてことを つれづれに考えてみました。



改めまして 本年もよろしくお願いいたします。





by unmei-jisyo | 2013-01-07 19:23 | 会社のこと
<< 凹んでる場合じゃない こんな 技も使ってます >>