カテゴリ:山( 40 )

ソロハイキング 追加



写真を整理していたら、偶然にも5年前の秋に同じ場所から撮ったものがでてきました。



d0103920_8364223.jpg

2009年11月





d0103920_8361677.jpg

2014年9月






意識して撮ったわけでもないけど、写真に残したい景色として立ち位置と構図がまったく同じであることに 我ながら驚く次第です。






5年前の頂上は ガスってなにも見えませんでした。














by unmei-jisyo | 2014-09-16 12:37 |

ソロハイキング




d0103920_7544753.jpg



絵に描いたような色が重なるコントラストが美しいです。



最近は以前登った山を2度目3度目歩くことを楽しんでます。



奥多摩から秩父までマイペースで歩きました。




d0103920_20103355.jpg




三連休の中日とあって、頂上はおおぜいのひとがいます。


どの顔も登りきった達成感とすばらしい景色に笑顔がいっぱいです。




 わたしと同じくひとりで登ってくる人は3割くらいかな …






d0103920_8115640.jpg




紅く色づいた すすきの穂から 秋の訪れがすぐそばまで来てることを感じます。




四季折々の山を登っていますと、時には感傷的になり また勇気をもらいます。




山から教えてもらうことや学ぶことは あんがい多いです。






◆ ◆ ◆


最近ブログアップがままらなく、 「どうした?」 と ご心配をおかけしているようですが、


お蔭さまで受注状況も活発になっております。



気持ちをひきしめて 取り組んでまいります。


















 
by unmei-jisyo | 2014-09-16 08:15 |

GW 硫黄岳



d0103920_7474322.jpg



いつものメンバー4人で 八ヶ岳にある硫黄岳(2760m)を登ってきました。  3度目です


途中までは残雪があり、頂上付近は雪も風で飛ばされ岩がゴロゴロしています。



d0103920_893797.jpg




d0103920_88311.jpg



3人のペースには追いつけず おいてけぼりをくらい ほぼひとり旅でした。


体力の衰えを感じました。



d0103920_7521162.jpg




2月に登った天狗岳がすぐそこにあります。(右:東天狗岳 左:西天狗岳)




d0103920_885843.jpg



わたしの右後方にあるのが八ヶ岳最高峰の赤岳(2899m)です。


この日、ここで滑落事故があったと、ニュースにありました (怖っ)




d0103920_821484.jpg



登山の後は、秘湯唐沢鉱泉につかり疲れを癒します。



その後、楽しみにしていた宴会は、ままならず 生ビール一杯で バタンキュー。。(爆!)



次回の計画を立てましたが、 体力を 鍛えなおさないと いけませんね。







by unmei-jisyo | 2014-05-07 08:09 |

根性だ~



 八ヶ岳、天狗岳登攀。 今回で4度目



初めてのルートからの挑戦。


天気晴朗   風多少あり 


お天道様は上機嫌のご様子



d0103920_839259.jpg



d0103920_841449.jpg




勾配きつく 心臓はパクパクしてる。



手袋を取ると 手が凍ってしまうのでカメラのシャッターが切れません



戻ろうかな・・ なあ~んて 弱気ごころも 無きにしもあらず。。




d0103920_8434483.jpg



大きな岩を越えれば 頂上もすぐそこだ。



d0103920_8532257.jpg




見えた!!  あとは いっきに・・



d0103920_8463462.jpg



d0103920_847128.jpg




d0103920_8565936.jpg




前方は 西天狗です。  東天狗から20分。



8時間 歩いてきました。


心地良い疲れです。





by unmei-jisyo | 2014-02-24 08:50 |

ラッセル、ラッセル  @荒沢山



d0103920_8455577.jpg


余裕の ヨッチャン (ここだけ)


d0103920_8461915.jpg



頂上を目指します。




d0103920_84755.jpg



いい写真だな ・・


d0103920_8532254.jpg




足跡をつけるのも、もったいない。



d0103920_8493268.jpg



ひたすら、 ラッセル・ ラッセル・・



一歩、一歩  前進 あるのみ。



d0103920_903747.jpg




しんどいけど、 負けるわけにはいかない。



ラッセル、ラッセル。














by unmei-jisyo | 2014-01-14 09:04 |

山の友達 :@@



やることが いっぱいあるのですが・・・   



気ごころ知れた友達4人で 百名山のひとつに行ってきました。



皆、会社を経営しているのでお互いのスケジュール調整は難しいですが年に3~4回、2ヶ月前くらいには予定を入れております。


お待たせているお客様、ご勘弁、ご容赦願います。




今回は、(も?) 大失態をしてしまいました。



技術的、体力的にも難度な山ではないのですが、 基本中の基本である登山入り口を間違えてしまいました。


途中に道しるべとなる標識もあるにはあったのですが・・ 

地図とGPSをたよりに 「なんとかなるだろう~」くらいの気持ちで6時間悪戦してしまいました。




d0103920_18311630.jpg



旧道に入ったみたいですが登山道らしきものがなく、笹の中をかきわけて進みます。




d0103920_758433.jpg



視界が開けていくと、今度は急傾斜の登り道が続きます。

方向は間違ってないと確信しましたが、とにかく足元がザレ場で悪すぎます。



上へ行くほど細かい石ばかりで、一歩進むごとに ずるずると滑り 文字通り這いつくばりながら登りました。


あとから思うと滑稽ですが、 必死でした。



何とか稜線までたどりつき目標とする山が目の前にありましたが、これを登るには我々の技術では無理ということで、
潔く登頂を断念。  引き返すことになりました。
  



d0103920_8373842.jpg



わずかに平坦な場所を選び ここで 昼飯です。



下山は笹の上を尻をついてすべり降りるところもありけっこう楽しみながら歩いてきました。


途中、登ってきたルートの ほんの数十メートル先に 本来の登山道があったのを気づいた時には
大ショックでしたが あとの祭り。




d0103920_12463467.jpg




登山の後は、温泉につかり 乾杯。


人なみに持っている 日頃のストレスを発散してきました。



反省会をして、 次回は正月の雪山に行こうということで まとまりました。









by unmei-jisyo | 2013-11-05 18:33 |

たかを くくってはいけない



気が向けば、西武池袋線に乗って 奥武蔵の山々へ、ぶらりと ひとりでよく出かけます。


d0103920_8145010.jpg



昨日はひさしぶりに 東吾野~ユガテ~一本杉~顔振峠~黒川三滝から 

帰りに温泉につかって、蕎麦で一杯な~んて思いながら 行程14キロメートル4時間半の予定でハイキングしてきました。



d0103920_8271058.jpg


ひまわりも こう暑くちゃ ぐたっとするわな。



d0103920_8273671.jpg




里山を抜けて山道をマイペースで登っていきます。


山は麓に較べればまだましですが、それでも暑く汗が吹きだします。



d0103920_834347.jpg



半分にも満たない、一本杉あたりにきたところでは、かなりバテバテです。


猛暑のなか、家でおとなしくしていたほうが良かったかな・・ なんて 後悔。



他のハイカーにも ぜんぜん会いません。



ここから 悪戦が始まりました。


 おかしいな? と 思いながらも前に進んだものの あるはずの道が無く、 

気づいた時は、道に迷ったようです。


地図をみても分からず あっち行ったりこっち行ったり右往左往すること一時間、 

やっとのことで 一本杉に戻りました。



案内の標識も不十分でしたが、大きな勘違いをしていました。



気をとりなおし進みましたが、 持っていたペットボトルの水も残りわずか、 のどの渇きと暑さと闘いながら、


予定より1時間半オーバーして ゴールにたどりつきました。



d0103920_942121.jpg





ボロボロになった体を 温泉でいやし、安堵感がやっとでました。



d0103920_962058.jpg



帰りの車中は、 爆睡 ! 気づいた時は 池袋に着いておりました。



d0103920_9222858.jpg



朝から何も食べてなく無性に空腹感が湧き、池袋の焼き鳥屋さんで、 やっと 一杯、二杯・・ 三杯、、



こんな筈じゃなかったなあ~



















by unmei-jisyo | 2013-08-12 09:31 |

木曽駒ケ岳



天気晴朗ノ為、 我ガ山岳隊ハ・・・  出撃~~ 


d0103920_17453465.jpg


d0103920_17455457.jpg


d0103920_174611100.jpg


d0103920_17472475.jpg


d0103920_17475244.jpg


d0103920_1834082.jpg


d0103920_17492417.jpg


d0103920_17495796.jpg


d0103920_17501178.jpg









by unmei-jisyo | 2013-05-20 19:30 |

伴久  「かずら橋」



40半ばを越えて、山登りをするようになりました。


山登りといっても ハイキングに毛がはえたものですが・・  


それなりにあるストレスを解消する息抜きと、 唯一趣味とよべるものです。



丹沢、奥多摩、奥武蔵の近場の山々を 一時は月に1,2度は行ってました。


最近は、なかなかそれもたがいませんが、それでも 春夏秋冬 スケジュールを調整しながら、

気こころ知れた仲間と 腐れかかった脳ミソの垢を洗い落としに行くようにしてます。



d0103920_1964357.jpg



日光白根山2578m。  前回は、雪崩が怖く 撤退。


登り、降りもきついですが、途中、沼や池もあり いい登山しました。

 
体力に自信ある方にはおススメ。



d0103920_20331556.jpg




d0103920_19124647.jpg



ここの鹿は、人間に慣れてきたのでしょうか? 


警戒しながらも、昼飯のサンドイッチをくれてやったら、 「もっと くれ」と 寄ってきました。


尾瀬沼では、鹿が水芭蕉を食い荒らして地元の猟師がその捕獲作戦をしていると最近のテレビで見ましたが、


ひとと共生する方法は、絶対あると確信しました。



d0103920_1913795.jpg



山登りのあとは、奥日光の秘湯 湯西川温泉の伴久に泊まりました。





歴史・建物・温泉・もてなし。  価値あります。



いつかは、女房ドノを連れてきたい 温泉でありました。



d0103920_2013641.jpg

【かずら橋】



実は、今回は 山登りにかこつけて、波乱万丈の人生を歩んだ伴久女将の生き方を検証することも目的でした。



d0103920_1703824.jpg



平家の落人が散らばっている部落は、全国に300ほどあるそうです。


湯西川温泉もそのひとつですが、伴久の女将である伴玉枝さんは、「平家会」のとりまとめをされています。


素晴らしいお方でした。


「世の中には、恐いものはなにもないのよ。  前へ進むだけ・・」  と  言いきります。



勇気と 元気をもらいました。







by unmei-jisyo | 2012-07-24 20:54 |

那須岳


d0103920_15252732.jpg



久しぶりに休暇をとって 気のおけないメンバーと 雪山登山をしてきた。


目指すは、前方 茶臼山。


気温 マイナス10℃だが、 ここは、もろに強風にあおられて 体感温度は、もっと低い。


鼻水が凍っている。


へたに 休憩すると 体が動かなくなるので 休むわけには いかない。



d0103920_1535123.jpg



10年くらい前に 隣の朝日岳に 挑戦したことがあったけど、 怖くて引き返したことがある。


後で知ったことだがその日に強行した2組のパーティーが 滑落して亡くなったと ニュースで報道された。



d0103920_154224.jpg



無茶はしないけど、 チャレンジ精神は、忘れない。


途中で、20人前後の おばさんツアーに出くわした。  元気、元気、 圧倒された。



d0103920_94687.jpg



下山して ちょっとぜいたくな 温泉宿に泊まり、 飲めや食え。  

おもしろい ウチワ話しに 大いに盛り上がる。



こちらも 久しぶりに 腹の底をかかえて 笑った。







by unmei-jisyo | 2012-02-20 16:03 |