<   2010年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ライダーは 赤が好きなようで・・


d0103920_18433879.jpg


路上に停めてあるオートバイが目についた。

わたしは、バイクに乗らないし興味もないけど 「 oh ! oh! カッコ いい 」 と 思った。


興味は なくても 一度は こんなのに乗ってみたいと思うのが人情。


d0103920_18511022.jpg


ピカピカした車体を覗いてみると そこには  HARLEY-DAVIDOSON と ある

素人目にも 優れた機能があることが わかる。


ネットで この バイクの スペックを見たら チョー驚き。

1801CC  メーカー希望小売価格(税込) 4,130,000円 とある。


お友達や お客さんには バイク好きなひとが 意外に多いが、 ここまでは いない。


そー いえば 先日の 現場見学会に 設計の先生のお友達も 赤いバイクで 乗りつけてた。

d0103920_19112693.jpg


ヘルメットから ウエアー、皮のブーツ まで まっかか でした。

颯爽としてたなぁ。


わたしも こんなバイクで 走ってみたい 願望も ナイデモナイ。

今からでも遅くはない。   ひとつ 挑戦 してみるか・・・ 


でも・・ お金 ナイ。   やめとこ。












by unmei-jisyo | 2010-06-29 19:33 | 楽しんだこと

新入社員研修は、100年カレンダーから始まる


d0103920_12474823.jpg


訪問したある会社の 応接室に100年カレンダーが ありました。

上から横に10年ごとに下におりてきます。

この100年カレンダーは、社内のあちこちに貼ってあります。

こちらの会社の社長さんが新入社員を前に

「この100年カレンダーをよく見てみろ。この中に、君たちの命日が必ずある。
私のは、カレンダーの上の方だろう。君たちは、中ほどだ。でも、必ずこの中にある」


と いいます。

 いきなり命日の話をされて、新入社員たちも面喰らいます。若い時には死をさほど意識しません。

時間はタップリあると思っています。


100年カレンダーを見せることで、人生は限りあるものだということを感じとらせるわけです。


ひるがえって・・ わたし自身 「死生観」 が いまだ確立してません。

長生きをしても 命日は 5列目あたりでしょうか。

残された 人生の5分の2を どう生かしていくか・・・  考えるところであります。





by unmei-jisyo | 2010-06-28 13:12 | 楽しんだこと

OB 訪問

大事をなさんと欲せば、小なる事をおこたらず勤むべし、
小積もりて大となればなり。 
          二宮尊徳


4月に入社した 新入社員のY が 1000件以上のOBリストをもとにお客様を訪問してます。

d0103920_18521835.jpg


自分で作った無料点検チラシを配り 反響により再訪問します。


d0103920_18561778.jpg


こちらのお宅は数年前に 大規模なリフォームさせていただきました。

現在は 老夫婦お二人でお住まいになっており、

 『雨とい が 詰まっているみたいで 点検してほしい』 との要望でした。


d0103920_1905661.jpg


先ほど ↑ 「こんな 状態だった」と 報告を受けました。


新人なりに お客様に 教え乞い、学び、発見が 多いようです。


OBのお客様、 不肖の息子ですが よろしく 叱咤、ご指導のほど おねがいいたします。








by unmei-jisyo | 2010-06-24 19:13 | 建築一般

雑草

雑草とは何か、
その美点がまだ発見されていない植物である。
      エマーソン


d0103920_8371074.jpg


会社の私の部屋から見える裏の家には 今は 住人がいない。

季節ごとに 庭のいろいろな植物が 花を咲かせて楽しませてくれるが 草が伸びている。


そろそろかな・・・ と思っていたら・・

d0103920_8412262.jpg


いつもの シルバーワークから やってくる人が 2人、二日かけて 草刈をしました。


d0103920_8444024.jpg


ビニール袋に詰められた草の数は たくさんある。


d0103920_8463617.jpg


庭の片隅に咲く 紫陽花が 主役となる季節がきた。。








by unmei-jisyo | 2010-06-23 08:53 | ひとりごと

父の日

人間は自分のほしいと思うものを求めて世間を歩きまわり、
そして家庭にかえった時にそれを見出す。 
  ジョージ・ムア


d0103920_11575010.jpg


昨日 家に帰ったら 机の上に プレゼントがありました。

家族からの 「父の日の 贈りもの」 だと 聞く。

「へえ~」  と思ったけど ありがたく 頂戴する。


d0103920_1221790.jpg


箱を解いてみると 獺祭 磨き三割九分 純米大吟醸 でした。

この お酒、 以前どなたかにいただいて とても美味かったことを覚えてくれたのだろう

酒飲みの ていたらくを ふだんは 咎められていますが、、・・。

まっ。 そんなわけで ありました。


d0103920_1237537.jpg


家内からは、新聞かなにかのレシピで見て美味しそうだから作ってみたという

 「山形のだし」 という郷土料理を初めて食しました。

夏野菜を刻んでダシをいれてネバネバにします。

その仕事は 私の役割でありました が。。
(『お鉢がまわる』 って こういうことなのかも・・ナンテ)


冷やしてガラスの器に移して 先程のお酒と 一緒にいただきました。

肴には、 ピッタリでした。









by unmei-jisyo | 2010-06-21 12:52 | ひとりごと

本の愉しみ


  直木賞を受賞した 作家の青田耕平さんが 会見のときに 以下のようなことを
云っていたということを知りました。


「ここにいる人は誰もが、一度は
本に命を助けられた経験があると思います。
生きることが苦しくてたまらないとき、人生の道に迷ったとき、なにもかも嫌になったとき、
なに気なく手にした一冊の本が
新しい一歩を踏み出すように背中を押してくれる。
世の中に立ちむかう勇気をくれる。
一冊のおもしろおかしい本にさえ、人の命を救う力があるんです。
ぼくはあきらめずに書き続けてきて、ほんとうによかった。
本の世界に今日までかかわってこれたことを感謝しています」



本に命を助けられた経験はまだないけど・・  

よく わかります。


最近 求めた本の 初めと終わりのページに こんなの ↓ が ありました。


d0103920_1949515.jpg


d0103920_19503348.jpg


そや、そや。

こちらも よくわかります。








by unmei-jisyo | 2010-06-16 20:04 | ひとりごと

犬は かすがい。


犬が わが家に来て 1週間。

家族の 生活リズムが 大きく変わりました。

d0103920_8214869.jpg


d0103920_822456.jpg


すっかりと 安心しきって お昼寝。   2匹とも 態度が デカイ


d0103920_8241657.jpg


毛が伸びて 暑苦しいので 家内と トリミングに連れて行きます。


d0103920_9204327.jpg


意外に おとなしく しております。


d0103920_9214897.jpg


息子の チビは かごに入れられて 不安げに その様子を伺ってます。


d0103920_9283042.jpg


短く カットされて 別犬のように なりました。


d0103920_9233794.jpg



d0103920_15353482.jpg


2匹とも 疲れきった 様子。。


初めての 犬との同居で 家族は 右往左往してますが、 楽しくやってます。






by unmei-jisyo | 2010-06-14 09:42 | りくたん

花に学ぶ


行動はいつも幸せもたらすものでないが、

行動なくして幸せはない。     ディズレリー





d0103920_1833242.jpg


つぼみが 弾ける。


d0103920_18341868.jpg


名は 知らないが 上品な花だ。 


d0103920_1835274.jpg



顔を太陽に向けていれば、影を見ることはできない。 
 ケラー



d0103920_18431950.jpg


 こころ安らかになる  日曜日の朝の散歩でした。




by unmei-jisyo | 2010-06-13 18:54 | 個人的なこと

建築散歩 @旧軽井沢


まだ 軽井沢の現場に行ったことのない当社の監督と視察に行きました。

せっかく だったので 歴史的な建物の見学もしてまいりましたので 少し紹介します。


d0103920_8375063.jpg


名建築として軽井沢の中でも代表的な建物の 聖パウロカトリック教会 です。

芸能人が結婚式を挙げている光景などにでてくる教会です。

有名な建築家である アントニン・レーモンドの設計です


d0103920_8401528.jpg


プロポ-ションや傾斜の強い三角屋根など 随所に表れるおさまりが

日本の伝統的な民家を意識して設計したのでないのかと思いました。


d0103920_8483099.jpg


内部は木がむきだしの トラス構造になっておりました。

アーメン。。


続いて・

d0103920_8561659.jpg


国の 重要文化財となっている 旧三笠ホテル です。

日本人の手による西洋式木造ホテルということで 評価されていると案内にありました。


d0103920_965027.jpg


「三笠」という名前から 皇族のゲストルームかなにかと 勝手に思い込んでいましたが
三笠は地名で 1907年竣工ということです。

どんな 金持ちが泊まったんだろう? なんて ゲスの勘ぐりをしてしまいます。


d0103920_9112893.jpg


三笠ホテルの隣に建っていた  ちょっと目をひいた建物だったので スナップしました。

このような 前衛的な建物も ちらほら 見受けられます。


自然に包まれた中をゆっくりと歩きながら 建築散歩するのも 粋です。





by unmei-jisyo | 2010-06-09 09:33 | 驚いたこと

はじめまして・・・


d0103920_88865.jpg




わが家の 家族となりました。


以前から犬が欲しいと思っていた矢先、 よんどころない事情で 犬を手離さなければならなくなり

里親を探していた方から もらいました。




d0103920_8161339.jpg



ミニチュア ダックスフンドの チョコ です。


面構えが よろしい。



d0103920_8163771.jpg



その息子の リク です。


シーズとの ミックス



ぶちゃいく だけど  ひとを 安心させる ルックスは わたしの好み。



d0103920_820469.jpg




すぐに 家族と馴染んで おります。


一度に2匹 もらい、 倦怠期の 我が家が にぎやかに なりました。






by unmei-jisyo | 2010-06-07 08:24 | りくたん