<   2011年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

耐震改修工事


d0103920_19513313.jpg


築30年の住宅。


妹さんの自宅を建築したご縁で、いろいろと お仕事をいただいております。



地震で 外壁に数箇所亀裂が入り 耐震診断の結果、補強工事をすることになりました。


耐震補強工事の方法は、一概に「こうでなければならない」という事でなく

設計や施工の考え方で、大きく変わりますが 難しい仕事と 捉えています。


コストや工期を考慮して最善の方法を提案しますが、 大規模な工事になると

住んでいるかたの 精神的な負担も大きいものがあります。


d0103920_826275.jpg
 


今回の工事は、壁の筋交いの量が不足しているために、耐力壁を30箇所取り付けます。

現在の仕上げ材を剥がして、床や天井など壁以外の部位ををできるだけ壊さずに

どのように取り付けたらよいかを、監督と大工で事前に検討していきます。


d0103920_8345421.jpg


こちらのお宅は、和室が多いので、より丁寧な仕事を要求されます。


ついでながら ご主人は、高等学校の校長をされていたこともあり、蔵書や資料が多く

その移動も ひと仕事です。


今後は、耐震改修工事の仕事が多くなることと思いますが、 

工務店が長年培ってきた経験や技術を発揮する出番であります。









by unmei-jisyo | 2011-04-27 08:12 | 現場報告

連合艦隊司令長 東郷平八郎


d0103920_1904236.jpg


戦争は嫌いだけど 戦争物語 大好きです。


やっと。 戦艦三笠 に会える機会を得た。

産経新聞の公募ツアーで くじ運よろしく 当選したので ここぞなりと思い 

会社には研修といい 参加しました。


艦内の隅々まで見た。


d0103920_192744.jpg


語り部の 元防衛省広報の井上さんの 話を聞いて、 新しい発見があって おもしろい。


「2.26事件」や「ノモハン事件」のことまで はなしがおよんで、また 脳みそが攪拌された。



d0103920_194480.jpg


甲板からデジカメを思い切りズームアップして見た房総半島。

ふ~ん。  手が届きそう。


よく見える。


「三笠」から 大砲を ぶっぱなすと ピンポイントで 届く距離だと説明を受けた。


すげえ~ すげえ~。


家に帰って 「T字戦法」の復習をしたけど きり がなかったので またの 楽しみにする。




今度は わたしを 坂の上の雲から 俯瞰してみよう。




by unmei-jisyo | 2011-04-23 19:23 | 驚いたこと

マロニエの家 その後・・



d0103920_1938526.jpg


敷地面積 12坪の 「マロニエの家」 やっと 大工工事を終えた。

足場のシートをめくって ちょっとだけ お披露目。

でかいな。


d0103920_1939246.jpg


大工のチカちゃんの置き土産。

自分が作業するのに現場でこしらえた オリジナルな作業台。

いつものことだが、うまく作ってある。  感心する。



ついで・・

d0103920_1939107.jpg



帰社する途中にあった 立て看板。

先生と呼ぶには、ちと抵抗あるな・・








by unmei-jisyo | 2011-04-20 19:53 | 現場報告

位牌


d0103920_14395089.jpg


49日までに位牌を用意するのに タレントの山口もえさんの実家が経営する仏具店に行きました。


形やデザイン、大きさの違いで 「あるは、あるは・・」  いっぱい。


この類の知識は まったくなく 何を基準として 選ぶか 迷いました。


金ピカは趣味でないけど 考えようによっては有りか?

デコレーションの無い 小さな位牌も 素朴でいい。 ・・・


故人が選ぶとすれば こんなところかなと 軽いノリで、

d0103920_14402113.jpg


けっきょく 赤っぽい紫檀の会津塗りのものに しました。


文字入れにも 歳と才。 亨年と行年。 の 違いもあるそうな。


「葬儀屋さん紹介で来た」と店員さんに言ったら、値引きと仏壇グッズをいただきました。


知らないことばかりです。








by unmei-jisyo | 2011-04-14 15:15 | 個人的なこと

震災後


震災の影響で、建材メーカーの工場の施設が壊れて操業ができないことや、

流通の問題などで、工務店にも これから多くの課題が起きてきます。


そういう状況の中で、今朝、「本大久保の家」の地鎮祭を執り行いました。

d0103920_11454154.jpg



当初、大地震があった翌日に工事契約の予定でしたが、ままならず、一時は、どうなるかと

危惧しましたが、お客さんの決断で 着工の運びとなりました。


ご自宅の隣に 茶室を 建てます。



d0103920_115429.jpg



水戸にあるプレカット工場が被害を受けましたが、日曜日には、1週間遅れで 

「道野辺の家」が 上棟しました。


d0103920_11582465.jpg



普段に増して、無事安全の竣工を祈した想いは、強いものがあります。


皆様のお蔭で、仕事をさせていただいております。











by unmei-jisyo | 2011-04-09 12:49 | 個人的なこと

別れ


d0103920_197369.jpg


母が あの世に 静かに 旅立ちました。

通夜、葬儀には、おおぜいの方に 弔問をいただき感謝と御礼を申しあげます。


d0103920_18153377.jpg


友林陽斉という戒名をいただきました。


友林は 多くの友達に恵まれ 陽斉の陽は 文字通り 陽を照らすように明るく

斉は 調理、料理する意味と 母の名前の『とき』とも読ませるようです。


お坊さんから 分かりやすく 戒名の意味を教えてもらいました。 


皆様に 惜しまれて 旅立ったことを 息子として 誇りに思います。


ありがとうございました。





by unmei-jisyo | 2011-04-08 19:13 | 個人的なこと

安藤忠雄


d0103920_940796.jpg


日経新聞連載されてた 建築家 安藤忠雄さんの 『私の履歴書』が終わった。

大工にあこがれて建築の世界に入ったが独学で学び、多くの実績を残していることは有名。


生まれてから現在に至るまでの生き方に ただただ「凄いひとだ」と毎日、感心するばかりでした。


実は、この連載を読むまでは、安藤さんのことを あまり好きではありませんでした。

理由は、さておき・・ 


その挑戦の精神は、これから建築を学ぶ若いひとには おおいに参考になると思います。



船橋にも 安藤さんが設計した建物が、一つあります。


20年位前に ある住宅のリフォームをしたときに たまたま すぐそばで 建ったばかりの建物が

「安藤建築」と知って 感動を覚えたことがあります。


d0103920_206575.jpg


最近、改めて見る機会がありましたが、住人は いなく 空き家で売りにだされているようでした。

少し寂しい気がします。














by unmei-jisyo | 2011-04-02 09:59 | 建築一般