<   2012年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ニトリのシステムキッチン


d0103920_17594765.jpg


リフォームをするお客様が、キッチンは ニトリさんで・・ というわけでお店に行ってきました。


d0103920_1862244.jpg



この手のお店には、ほとんど行ったことがありませんが、広い店内に圧倒されました。


自慢じゃないけど、IKEAにもまだ行ったことないです。  (脈絡:ありませ~ん!)



d0103920_18111419.jpg



システムキッチンのコーナーです。


先入観から 安物のイメージが強くありましたが、 どうして 商品も豊富でコストパフォーマンスも良く

「いいじゃん」 という印象。


d0103920_1833518.jpg


もちろん、食洗器や乾燥機、IHヒーターの組み合わせも自由で、一見、専門メーカーのそれと遜色ありません。



d0103920_18403358.jpg


見積もりもその場で簡単にできるシステムで明朗会計です。



平日とあってお客さんも少なくお店の担当者に工務店と名乗って 直接いろいろと尋ねてみました。


売れ行きはどうかと聞けば、 良く売れていて、このかたは年間に60台売るそうです。


全国のニトリさんには、キッチン担当者だけで約800人いて自分は上から17番目の売上だと言っておりました。 (笑)



余談ですが、この話を聞いて早速わが社に出入りしている某メーカーの営業マンに聞いたら、

彼は年間55台の販売実績ということです。




d0103920_18575772.jpg



気になったことは、取り付け工事費が新築でもリフォームでも一律179,000円は、高すぎないか? と思いました。



いずれにしても、「物の価値と値段」ということを 石原都知事のことばを借りれば

硬直した脳ミソをシャッフルして考える時期であることは、確かなことであります。






by unmei-jisyo | 2012-10-26 08:00 | 建築一般

25年まえ・・



d0103920_14352923.jpg


この建物は、25年前に私が吉川工務店に入社したころに設計・施工した店舗ビルです。



いろいろ支障ありますので詳しくは触れませんが、


事情あって、当時の建築主さんから別の方の所有になり、このほど解体されるという情報が入りました。



解体屋さんは、たまたま当社の協力業者です。


この建物には、大きな思い入れがあります。


建物は、鉄骨造で外壁は当時流行ったホーローのパネル板を使いました。


割り付け図の施工図を描いてミスして納まらず、急遽作り直したことがありました。



喫茶店が併設され、ボードに塗装を仕上げする難しさを知りました。



2階の床のコンクリートを打っているときに大きな地震があり、足場と鉄骨がぶつかり合って

大きな音をたてて、崩れてしまうのではないかと心配しました。


打設したばかりのコンクリートは、揺られて波打っていました。



また建物の中には、手間とお金をかけた本格的な茶室があります。


茶室建築についてはまったくの無知で、いろいろな茶室を見てまわって勉強したことも、きのうのことのようです。


最近は仕事をする上で、 当時のようなワクワクする高揚感みたいなものが薄れてきているのではないかと反省する次第であります。



d0103920_1447422.jpg


d0103920_14472598.jpg


d0103920_14591850.jpg


d0103920_14473919.jpg


d0103920_14475634.jpg


d0103920_14481054.jpg



もったいないことですが、この茶室も無くなります。


材料も吟味されたものが多く、取っておきたいものもありますが・・  やめます。



青春時代の仕事の記録として、せめて写真だけは・・ と 思ってアップしました。



d0103920_15152797.jpg



ほんとうに・・ 寂しい思いがあります。






by unmei-jisyo | 2012-10-24 17:51 | ひとりごと

地鎮祭いろいろ



d0103920_8163969.jpg



週末にあった地鎮祭の神官は、珍しく女性でした。


以前この神社に頼んだときは、ご主人であったと思います。


詳しい事情は知りませんが、後継者の問題は、どの業界もかかえているのですね。




d0103920_8245592.jpg



サービスよろしく進行役の司会者随伴とポータブルプレーヤーでの雅楽の伴奏もありましたが、


おっと!?・・    榊は、ビールの箱に詰めてありました。  興ざめですな (笑)







by unmei-jisyo | 2012-10-22 08:30 | 会社のこと

必要は発明の母。 出会いは ひょんなことから・・



熱橋防止ボルトキャップを紹介しましたが、保育園の現場に取り付けました。




d0103920_17134994.jpg



d0103920_1714251.jpg



d0103920_18333638.jpg




木造軸組み工法では、どの建物も 柱と柱、柱と梁、梁と梁を接合するのにこのような形でボルトが表れてます。


完成後にここから結露するおそれがあり、それを防止するためのキャップです。


現状では、何もしていないところがほとんどですが、 発泡ウレタン吹き付け処理をしている工務店もあります。


◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇


今日は、これが出来た 裏話しです。


d0103920_17172269.jpg



ちょうど2年ほど前 友人(中小企業診断士)から 九十九里にある佐久間産業さんの工場の改修工事の

相談にのってくれと伺いました。



d0103920_17315889.jpg



佐久間産業さんは、ノベルティーグッズ(販促用品)やイベント記念品の企画・制作が主ですが、

他社から製作依頼されたプラスチックの成形品も作っております。



工場の設備投資(改修工事)や今後の事業について、友人と千葉県産業振興センターの経営相談員と
話されていました。



 佐久間社長は、「商品の需要サイクルが短く計画的に継続性がある商品がなく、常に商品開発に追われている」 

と、経営上の悩みを言ってました。



私は傍で聞いているだけでしたが、 同じ経営者として十分 心中を察しました。



佐久間社長は、朴訥とした方でしたが、芯の強さと誠実な人柄を感じられました。



その時、突然の思いつきでしたが、 「熱橋防止ボルトキャップ」 が わたしの頭にひらめきました。


「こんなもんあったら けっこうヒットするかもしれませんよ」



当然ながら佐久間社長は建築には門外漢で それがどういうものかも分かってもらえませんでしたが、

その後、ご自身も研究・試行錯誤しながら商品開発になった次第です。




今後の需要や展開はどうなるかわかりませんが、 いくつか興味をしめしてくれている会社もあります。




d0103920_1758596.jpg



今日は、一緒に仕事をされているご子息と現場にみえて取り付けの状況と大工からの反応を聞いて、

多少の改良余地があることも確認しました。



d0103920_1841069.jpg



最後に3人で記念撮影。



人の出会いとはつくづくおもしろいものですが、これからも良きパートナーとしてお付き合いしていきたいものです。











by unmei-jisyo | 2012-10-17 10:55 | ひとりごと

保育園の工事、 順調に進んでます。


 木工事が始まりました。


簡単にSE構法の工程を説明します。


d0103920_16445860.jpg



土台を敷きます。


柱脚金物も 狂い無く据付られました。


今回の許容誤差は、1ミリ以下としました。 



d0103920_16472583.jpg


SE金物は現場で取り付けます。



d0103920_16483468.jpg



最大8メートルの長さがある梁もあります。


樹種は、赤松です。



d0103920_16495870.jpg



4寸角の柱がダブル取り付けられて 大きな梁を支えます。



d0103920_16521564.jpg



建て方が始まりました。


大規模なので工程の都合上、 1期、2期工事と 2回に分けて建てます。



d0103920_1653236.jpg



登り梁は ほとんどが化粧梁といって そのまま表わしの仕上げになります。



d0103920_16532471.jpg



d0103920_1721040.jpg



ここは、遊戯室になります。

天井までの高さは4メートル以上ある 大空間です。


単純な梁の架け方ですが、シンプルでそれなりに美しい。




d0103920_1723785.jpg



丸柱のボイドを剥きました。

綺麗なコンクリートが打ちあがってます。




常に 丁寧な仕事を 心がけてます。








by unmei-jisyo | 2012-10-11 17:53 | 現場報告